No.17『部屋に雨を降らせる装置「Tempescope」を作ってみた』河本健

←前の応募   ■応募一覧に戻る   次の応募→

Tempescopeとは、好きな時間、好きな場所の空を切り抜いて部屋の中に置いて­おくことを可能にする「空の箱庭」です。
PC上のプログラムから制御することで、小さな箱の中に雨、曇り、雷など、様々な空模様を実際に再現し、明日の天気を優しく伝えたり、電話相手の空を共有したり、することができます。
全ての設計図やソースコードはtempescope.comでオープンソースで公開されています。