No.5『光る地球儀回してみた』湯村 翼

←前の応募   ■応募一覧に戻る   次の応募→

発表決定
Personal Cosmosという、地球や惑星などを映し出すための、球状ディスプレイをつくりました。
NASAやJAXAが提供している地球や惑星の様々なデータを利用し、球に投影しています。Leap Motion を接続し、手の動きによって地球儀を回す操作を可能にしてみました。
RICOHのTHETAという全天球カメラで撮影した映像を映すこともできるので、発表の際にはニコファーレ内で撮影した写真を映してみたいと思います。
科学データをアートとして捉え直すような、新しい「見る」を提案します。